環境未来都市 北海道下川町 下川の森

未来の森づくりパートナーを募集しています!

町長からのメッセージ

下川町は、地域資源である森林を最大限活用し、半世紀にわたる森林・林業の取り組みの中から森林総合産業を構築する「森林共生社会」の創造を目指し、各種施策を推進してきました。

「森林共生社会」は、持続的な森林管理や林業・林産業システムを構築し、森林・林業の経済的自立によって地域の活性化を図り、地域社会の持続的発展の実現を目指すものであり、これまでも地域の皆様と力を合わせ、活動を具現化してまいりました。

現在、下川町には、森林に関わりながら自己実現を図ろうと都市部から多くの人々がUターン・Iターンで移り住んでいます。

これからも、現在の取り組みを更に発展させ、「森林共生社会」の実現に向けた取り組みを実施してまいりますが、私たちと一緒に森林に関わる事業創造を通して、自己実現を図ろうとするみなさまをお待ちしております。

下川町長 安斎 保

助成制度について

1.下川町起業化促進事業

(1) 起業化促進事業

・下川町に事業(居住)拠点を設け、地域にとって有益な事業の創業・起業(開業)をする者に対し、補助を行う
・開業に必要な経費の一部(経費の2分の1以内、250万円限度)の補助

(2) 融資のあっせん及び利子補給金

[1] 融資のあっせん
町は、起業化計画の認定を受けた者に対し、起業化に必要な資金の円滑化を図り、
町の指定する金融機関に対して融資のあっせんを行う
 [融資の条件]
 ・ 資金の使途 運転資金及び設備資金
 ・ 貸付金額 200万円以内
 ・ 償還期間 5年以内(1年以内の据置期間を含む)
 ・ 償還方法、利率等 取扱金融機関の定めるところによる
[2] 利子補給金
 ・町の指定する金融機関から融資を受けた起業者に対して、借入金の利子の一部を利子補給する
 ・利子補給の額は、年3%に相当する額。ただし、融資利率が4%以下のときは、
  その融資利率から1%を減じて得た率に相当する額とする
 ・利子補給の申請手続きを行い、利子補給金を交付する

 

2.コミュニティビジネス事業

下川町内においてコミュニティビジネス(小規模)をする者に対し、補助を行う
開業に必要な経費の一部(経費の2分の1以内、50万円限度)の補助
個人、団体は、これから事業を起こそうとするもの

※1、2については、町へ起業化計画を提出し、町からの認定を受けることが要件

 1.2についてのお問い合わせ 
下川町環境未来都市推進課
お電話でのお問い合わせ : 01655-4-2511 ( 内線 233,234 )

 

3.新規就農(参入)者支援制度

下川町では、町内で新たに農業を始めたいという意欲のある方を支援しています。

(1)支援概要

新たに農業を営もうとする方に対して、農業が自分に合っているかどうかを実践から経験できる短期間の農業体験を始まりとして、農家での営農実習や農業大学校等での営農知識・技術の習得といった一定期間の研修による営農に向けた経験の蓄積、そして、農業経営者としての営農の始まりである「新規就農者」、また最終的には「農業者」となることができるよう、それぞれのステージに合わせた認定を行い、将来農業の担い手となる方の早期定着と経営の安定を図るため必要な支援を行います。

(2)対象者

下川町外から新たに移住し、又は下川町内に居住し、下川町内において新たに農業を営もうとする方で、
  配偶者又は共に農業経営を行おうとする方(親子、兄弟、知人・友人同士など)を有している方。
上記の方の年齢は、当初の認定時において20歳以上55歳未満

 ※農業経営では、借入金の償還が長期間(長いもので20年など)に渡るものも少なくないため、完済までの期間なども考慮した設定としています。

支援の流れ・詳細 新規就農(参入)者支援制度パンフレット(PDF/1.61MB)

 お問い合わせ 
下川町地域担い手育成総合支援協議会
(事務局 : 下川町農務課農業振興グループ)
お電話でのお問い合わせ : 01655-4-2511 ( 内線 145・146 )
メールでのお問い合わせ : nousei@town.shimokawa.hokkaido.jp